ナスアナウンサーナスアナウンサー

今回は、『40代からのヘアスタイルで大切な変化』についてお聴きしました。


吉尾 健吉尾 健

こんにちは!

岡崎市の美容室サローネアルティエーレの吉尾です(^^♪

今回は、「40代からのヘアスタイルで大切な変化」について書きました。


心当たりのある事柄も多いかと思います。

40代以上の方に実際にお聴きする内容を基に重点を絞ってあります。ご自身を見つめ直してみてください。

40代のヘアスタイルで大切な変化とは?

ヘアスタイルは、あなたの印象を決めるアイテムとなります。


ヘアスタイルは幅も広く、ショート・ミディアム・セミディー・セミロング・ロング

そして更にこの中で細分化・応用、ピンポイントでのアプローチと非常に多くの組み合わせでヘアスタイルはできています。




世代別傾向


10代では、ザックリとした「長さ」や「形」でのヘアスタイル重視


20代では、「トレンド」や「皆がやっている」ヘアスタイル重視


30代では、「なりたい自分」と「若さ溢れる」ヘアスタイル重視


40代では、「今までの経験」と「自身のお気に入り」を基に、『細部へのこだわりのある』ヘアスタイル重視



のように、10代では「大きく」、40代では「小さい」事柄に目を向けていくことが多いです。

「変化」の時

そして、今までになかった髪の変化(加齢による変化)が著しくお年頃でもあります。





身体の変化と共に、髪も同時に変化していきます。


問題は、この「変化」とどう向き合っていくべきか?です。

後ろ向きな考え方の典型

➀「年」だし…

➁私は「コレが合うし」「自分好み」だから…



2つの考え共に、もう少し視点を変えて楽しむべきです。


➀に関しては、より良いヘアスタイルを求めるうえでは、老いも若きもありません。

あなたなの中に眠るヒントを、対話する中で見つけ、そのヒントからあなたにとっての新しい道を創っていきます。



➁に関しては、「自分」が強く身近な人(家族や友人)のせっかくの意見やテイストを取り入れられず、もったいない状態です。

ヒントはあなたの考えの中以外にも五万とあります。

あなただけの髪の素材やお顔立ちをもっと「活かす」、もっと深く「探す」。それが、「決めつける」先入観を捨て、あなた自身が見つめていなかった変化と向き合うことになります。



磨きをかける時は今!!

40代からは、ヘアスタイルでの小さな事柄にしっかり目を向け、「アレ」「コレ」といった、『気づき』に磨きをかけるべきです。


ヘアスタイルでの小さな変化を、今まで以上に見つめていく事が、40代以上の女性をより輝かせます。


あなたにしか無いデザイン

ハッキリ言うと、全体のヘアスタイルの「形」は、

【髪質】(硬い・柔らかい、太い・細い、多い・少ない、直毛・クセ毛)

【骨格】(後頭部がゼッペキである・丸みを帯びている、頭全体が湾曲している・キレイな丸である、トップが平らである・膨らみがある、オデコが広い・狭い)

等があなたにしか無いデザインのスタイルを創り、あなただけのヘアスタイルとなります。

まとめ

40代からのヘアスタイルで大切な変化とは、「現実(自分の変化)」と「理想(好みや目標)」の接点を探すことにあります。


そして、これには、今、「あなたが自身で感じている気づき」あなたの年齢より「年上の方のデータ」が今後のあなたを創り続けていける「情報源」となります。


その「情報源」の数こそが私の美容室の強みであり、「提案」の質を高めています。


40代からのヘアスタイルは、あなたの求めるべき点と線を結ぶためにも、「今の自分」をしっかり「理解」して進むことが最良であり、今後のあなたをより輝かせることでしょう!!