ついにヘアカラーはダメージの概念を変えた!!

日本では、古くは戦国時代からヘアカラーのぜんしんとなる染毛がおこなわれていました。
時を重ね人の想いと技術の進化により、数々の色と幾多の商品が生まれたヘアカラー。


今ではその呼び名をまったく聞かなくなりましたが、20年ほど前は、ヘアカラーの事を「ヘアダイ」と呼ぶ方も多く見えました。ヘアダイ=髪がしぬという意味合いで人々には周知されていました。


そう!!「ヘアカラーは髪が傷む!」この認識は美容師側もお客さん側もある種の共通認識でした。


時代は進み、ヘアカラー後のダメージの緩和が取り組まれ、ヘアカラー自体の低ダメージ化が加速し、ヘアカラー前・ヘアカラー中・ヘアカラー後の処理剤がさらにヘアカラー品質の向上に大きな進化をもたらしました。

そして今!!ヘアカラーで髪質の強化、本当の修復、ダメージをまるで感じさせない美しい仕上がりを実現しました。繰り返すことでより効果をもたらし、広い範囲の髪質向上に光が見えてきました。

順にお話ししていきます。



次世代のヘアカラー

2020年世で注目を集めたトリートメントがありました。「酸熱トリートメント」といい、40代以上からのエイジング毛の心強いトリートメントです。(※エイジング毛=年齢を重ねていくことによりおこる髪の不具合を指します。)


酸熱トリートメントは、架橋型の発想をもち(橋を架けるという意味)、パサツキや広がり、ウネリ、ゴワツキ、ツヤが無いなど、エイジング毛世代には嬉しい事ばづくし。


また、髪内部の結合を強化し、従来のトリートメントとは違い毛質(キューティクル)を整えるため、持続性に優れています。そして、この酸熱トリートメントの効果+ヘアカラーが今回のメニューです。ここでもちいるヘアカラーは、酸熱トリートメントととても相性の良い酢酸系のものを使用します。

酸熱トリートメントが特化した、パサツキ・ゴワツキ・広がり防止+酢酸系ヘアカラーが特化した、残留アルカリデトックス、劣化したキューティクル補修が一度におこなえます。


髪の強化と補修を一気におこない、ツヤを蘇らせ、ハリコシまとまりのバランスがベストな髪に!!酸熱トリートメント+酢酸系ヘアカラーが「-20歳を生み出す!!至高のヘアカラー」の正体です。

エイジング毛の問題を一気に解決

年齢を重ねていくことでおこる不具合の多い髪を「エイジング毛(もう)」と言います。30代半ばからエイジング毛に該当し、エイジング毛の特徴はなんといっても不具合の多さです!!


ツヤの無さ・パサツキ・ウネリ・切れ毛・枝毛・ちぢれ毛・まもまりづらさ・キシミ・ゴワツキ・ボサボサ・指通りの悪さ・広がり・ハリコシの低下・ボリュームダウン・ザラザラ・アホ毛
これ全部エイジング毛です!!


そして何が大変なのかと言えば、1人のひとが同時にいくつもの問題を抱えている事です。(ウネリと切れ毛とツヤの無さ…など)そんなエイジング毛の悩みを一気に解決できるのが「酸熱ヘアカラー」です。


酸熱ヘアカラーは、酸熱トリートメントの効果を持っています。エイジング毛ならではの悩みにアプローチでき、なおかつ同時に気になる白髪もカラーリングでカバー。

個人差こそあるものの、1ヶ月~2ヶ月美しくさ+ブローを楽にしてくれ、美容室で扱うアイテムとの組み合わせにより持続性を高め、補修に特化できます。



対象毛は幅広く30代から70代の髪にしっかり対応できます。(当店で実際に対応済みです)繰り返すことで、より手軽にヘアケアと髪自体の強度を高めることが可能です。エイジング毛の心強い味方です。








メニューページ


驚くは時短と効果

いつものヘアカラーにプラス10分

通常ヘアカラーはヘアカラー、トリートメントはトリートメントとメニューは別れます。そのためメニューごとに時間配分があります。


よくあるシステムトリートメント(シャンプー台等でおこなうコーティングがメインの複数工程のあるトリートメント)で約20分。塗って流して塗って流しての工程が多い+放置時間のあるものもあるので時間を要します。)

対して酸熱ヘアカラーは、流す工程はヘアカラーのシャンプー以外は無く、放置時間はヘアカラーの放置時間のみで仕上げのアイロン施術のみなので、ヘアカラーに+10分程度で酸熱トリートメントとヘアカラーができます。(ショートなら5分程)


ハイダメージの救世主

パサツキやキシミ、ゴワツキ広がり、これらはエイジング毛だけに留まらず、お若い方でも、ハイダメージになれば起こる事柄です。酸熱ヘアカラーは、このハイダメージにも対応しています。

前項でお話しました「エイジング毛の問題を一気に解決」でも少し触れましたが、パサツキやキシミ、ゴワツキ広がり、これらはエイジング毛だけに留まらず、お若い方でも、ハイダメージになれば起こる事柄です。酸熱ヘアカラーは、このハイダメージにも対応しています。



少しややこしいお話ですが、ハイダメージで起こる「ダメージホール」(髪内部の成分流出で起こる穴)に酸とアミノ基が浸透熱(アイロン施術にて)によってイミン結合を作る。イミン結合を作ることでダメージに強い髪に導き、キューティクル間を接着し乱れた髪を整えます。


特にブリーチ施術(メッシュやインナカラー等)のよるハイダメージにも、1回の施術で手触りの向上はかなり見込めます。








メニューページ


ツヤの良さたるや!!

酸熱ヘアカラーの中で、皆さんが一番効果を感じているのがツヤです。酸熱の効果によりキューティクルを整え、さらに酢酸系ヘアカラーの効果により髪内部の残留アルカリをデトックスし、よりキューティクルを引き締め整えます。



従来のトリートメントと違いキューティクルを整え為、持続性に優れています。美容室で扱うアイテムとの連動でさらに効果は長持ちします。また、朝のお手入れでクルクルドライヤーでブローしていただくと乱れを直しやすくツヤが出しやすいです。








メニューページ


デトックスとプレックス

薬剤を使用するメニューで髪への影響が気になる事柄に、薬剤の残留があります。中でもアルカリ剤は代表格、ヘアカラーでのアルカリ残留は約2週間!!


酸熱ヘアカラーでは、酢酸ナトリウム(塩)を用いる事で、アルカリを引き離し、塩だけが最後に残りキューティクルを引き締めます。


プレックス剤の働きにより(ダメージを抑えてくれる添加剤)ダメージに強い髪に導き、パサツキ防止・ゴワツキ防止・切れ毛防止・ツヤ感アップ・退色を軽減し、ハイダメージにも効果大です。

素晴らしいコストパフォーマンス

美容室においておこなうメニューは、すべて金額に対する結果が求められています。「2,000円で妥当な結果」「3,000円でまずまずの結果」「5,000円でイマイチな結果」というように価格と価値が必ず出てしまいます。

そして今の時代は、価格と価値に時短が求められています。



酸熱カラーにおいて、この価格と価値、時短はパーフェクトです。何よりヘアカラーに時間を利用して髪を最大限に治すわけですから、付加価値としては充分すぎます。一昔前は、薬剤メニューとトリートメントは別物とし、各メニューごと、別々に施術していくのが一般的でした。

現在、簡単に言えば、薬剤の効果でキューティクルが最大限に開いている時にこそ、髪内部へのアプローチが一番できる!!という考え方になってきています。



0+1が1+1になった瞬間です。薬剤効果と時間短縮を両立し低コスト。こんな良いことはなかなか無いです。

年3回からの全体カラーがあなたを美しくする

実は数年前まで全体カラーはダメージが出るからトリートメントは必ず…(今でもモノによっては必須)部分染めは(伸びた分)でダメージ回避うをしましょう…なんてよく言われてました。時代は変わりヘアカラー剤自体も良くなり、またヘアカラー剤へ添加するアイテムも素晴らしい物がどんどん出てきました。


部分染めばかりしている方がかえってパサツキが目立ったり退色がひどい場合が大半です!!


酸熱カラーでは、酸熱トリートメントの効果である「イミン結合」が強い髪へと導き、エイジング毛対策(ついにヘアカラーはダメージの概念を変えた)をおこないます。続けることでブローしやすくなり年3回からがベスト。幅広い髪質に対応し手軽に創められます。


どんなに美しいツヤ肌をキープしていても髪が美しくなくパサパサで広がりツヤも無く…これでは台無しです。髪はあなたを美しく魅せる武器です。髪年齢を若返らせ、-20歳の美髪を目指しましょう!!

デメリットは?

どんなに素晴らしいメニューアイテムにも欠点はあるものです。酸熱カラーもそこは同じです。酸熱カラーの欠点は大きく2つ。


1つ目の欠点は、現在パーマスタイルを楽しんでいただいている方にはNGです。カールを形成するS-S結合をイミン結合が架橋し正してしまう(解りやす簡略化)ので、カールダレを起します。このため不向きです。


2つ目の欠点は、髪質の問題です。硬毛剛毛の方は元々ハリコシも強く変化を感じにくいです。この場合は、弱酸性ストレートをおすすめしています。


当店サローネアルティエーレでは、50代の方が一番多いので、しっかりした髪の方は少なく、2つ目の欠点は該当しないケースが多いのですが、1つ目の理由パーマに関しては違うメニューでの髪質改善をお提案しています。


しかしながらデメリットは少なく、ためしてみる価値の方が圧倒的にあります。酸熱カラーで-20歳の美しい髪を是非体感してください。

まとめ

吉尾 周城吉尾 周城

いかがでしたか?ヘアカラーもそうですが、10年前を思い出すと薬剤やシャンプー、トリートメントやメニュー、どれをとっても進化してきました。今までは考えもしなかった発想や、化学的に難しかった部分もどんどん解決してきました。


これも、美容室にお見えになる方々の貴重な意見と、それを形にしようとしてきたメーカーさん、ディーラーさんの努力のおかげで私たちの髪の毛はより良く今日も進化をし続けています。


その貴重な財産である【情報】を取り入れていくことが、私たち美容師とあなたの目指すところです。

近年便利になったYouTubeをはじめとする様々なSNS。使い勝手は大変素晴らしのですが、間違った情報が多いのも事実です。間違った専門家でもない方の意見に染まらないように注意が必要ですし、いくつかの情報をもとに考えてください。


SNSはあなた個人に向けて発信しているものなどほとんどありません。その他大勢が基本です。なのでまずはあなたの担当美容師さんに相談する事が一番です。


自分が今どんな状態で何をした方がいいか?何を使いどんな対処が必要か?どんなお手入れをしたら扱いやすいか?髪質に合った髪型はどんな感じか?ここを美容師さんとおさえていきましょう。


美しさは40代からが勝負です。楽しんでいきましょう。