ブロックティーチャーブロックティーチャー

今回は、「切りっぱなしボブ」にプラス要素を!!の内容を説明しよう!!


「切りっぱなしボブスタイル」を40代以上の方に落とし込む



「切りっぱなしボブ」は決して若い子だけのものではありません。
「40代以上の方のボブスタイル」でも大いに活躍を期待できるヘアスタイルと言えます。



しかし、40代以上の方は朝が忙しい!!この点をふまえ、「切りっぱなしボブ」をもう少し進化させていきたいと思います。



切りっぱなしの状態では、ヘアスタイルを「形」にしていくことは難しいです。少し手を入れ、「巻いたり」「スタイリング」をして「形」を成していきます。



しかし、コテ・ヘアアイロン・スタイリングアイテムと言った工程をふんでベース作りからスタイリングまで15分~20分はかかると思います。



そこで、このベース作りをパーマでしておくことが、朝の時間短縮につながります。ヘアスタイルのベースは、スタイリングをより簡単に手早くキレイにするための土台です。



このベースを、朝が忙しい40代以上はパーマで作っておこうと言う欲張った作戦です。



切りっぱなしボブ特有の毛先のパツッと感は残し、中間ラインに軽さを入れてパーマにより毛先を柔らかくすることが目的です。


今回の40代以上のモデルさん

今回のモデルNさんは、元々直毛で毛量も多く厚みを出したい切りっぱなしボブに向いている髪質と言えます。



しかし、直毛ゆえに「柔らかさ」が出づらく、どこか直線的なイメージに…







もっと「柔らかく」もっと「丸みと動き」を出しやすくする目的で今回は、大きめのロッドでしっかりパーマをかけてみました。






パーマをかけることで、「柔らかさ」「丸み動き」そして、キチント感+縛った時に可愛い感じがテーマと言えます。



少しウエットな状態で、ハードムースをつけて、上からドライしつつ形を作ります。(所要時間約5分)ベース作りとスタイリングを一気にやってしまう!!そんなスタイルです。



そして、切りっぱなしボブで大切な事がもう一つ。リッジ(動きのクッキリ感)です。柔らかいスタイリングアイテムで作るのもいいですが、最近流行りの「レトロ感」からいくと、あえてハードムースを使い「パリッと感」と「リッジ」+「ツヤ感」の続きやすいスタイリングが今風です。



「ハードムース」はホールド力もあり、なおかつムースならではの軽い仕上がりが出ます。時間がたっても形がダレにくく、長時間キープしやすいアイテムと言えます。



朝の5分で勝負することが40代以上の女性には、求められます。



簡単に、手早く可愛い!がいくつになっても女性には必要です。


おわりに

吉尾 健吉尾 健

いかがでしたか?

「切りっぱなしボブ」を、本当に切りっぱなしにしていませんか?


「切りっぱなしボブ」の良さは、毛先の厚みによる「ツヤ」と「指通り」「ボリューム」です。


ここを最大限に活かすのは、誰でもなく、「あなたの」役目です。

そのためには、「手早く、簡単」である必要は大いにありますね(^_-)-☆

ご興味ありましたら、お気軽にお電話ください。

TEL 0564-64-4180